読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
サッカーのマッチレポートなどを中心に。その他サッカーのうんちく系ブログ。

2013Jリーグ第5節 湘南ベルマーレ対川崎フロンターレのレビュー 「主に川崎の守備の話ばっかですの巻」

サッカー

さて、みなさん、こんにちは。本日は先週末に行われたJ1第五節、湘南対川崎の試合のレビューを行いたいと思います。



えっと、J1第四節の名古屋対湘南の試合のレビューに関しては、試合が完敗すぎて、しばらくサッカー見るのが嫌になるほどのアレだったので、ちとスキップさせてくださいな。名古屋相手に、絶対してはいけない試合運びをやってしまったので、アレはどうしようもない完敗でした。正直、名古屋さんには勝てる気がしませんわ。名古屋さんがミスしまくって自滅してくれたら別ですけども。名古屋には絶対に先制されたら駄目。



とまあ、前回の試合のレビューをサボった言い訳はこの辺りにして、今回は、きちんとレビューやります。それでは本題行ってみましょう。


ちなみに、試合の結果なんですが、1-1のドローでした。


湘南対川崎のマッチアップ


さて、この試合でのマッチアップなんですが、こうなってました。


f:id:pal-9999:20130409235548j:plain



湘南はいつもの3421、川崎のほうも4231なので、双方、いつも通りの布陣でした。ただし、湘南はスタメンをいじっていて、シャドーにWBの高山が入っており、左WBが大野という布陣になってます。大久保対策だったのかどうかは、ちとよくわかりませんでした。



で、この4231対3421の場合、ミスマッチの対戦ですから基本的に、


f:id:pal-9999:20130409235813j:plain


こんな感じでミスマッチが生じます。ベルマーレは中央で数的有利、川崎はサイドで数的有利という奴です。ちなみに、ベルマーレのほうなんですが、守備の局面では、最近はちょっとライン低めにして、541でブロック作って守ることも多いです。ただし、その場合でも、川崎はケンゴが頻繁に引いてきますので、



f:id:pal-9999:20130410000115j:plain



こういう形で川崎は中央で数的有利を作ることが可能になります。こいつは3421が4231系とやる場合に常に抱えてしまう問題でして、守備の局面で、どうやって相手のシステムにかみ合わせるかってのが最初のキーポイントになります。



ちなみに湘南がこういう相手にどういう風に戦うかというと、



f:id:pal-9999:20130410000418j:plain



こういう形になります。キーになるのはCFのプレスバックとシャドーの中央での守備参加になります。ボランチ二人では川崎の3人相手にどうしようもないので、CFやシャドーが中央の守備をヘルプします。ただ、このやり方だと、相手のSBが浮いちゃうんじゃない?と思われるでしょうが、その通り。SBが浮きます。ただ、湘南の場合、SBに出されたら、頑張ってシャドーがもう一回寄せるというのが守備の約束になっていて、湘南のシャドーの守備負担は尋常じゃありません。



4231とやる場合、湘南のシャドーは守備負担が凄くきつくなります。そのため、走れる選手じゃないとつとまりません。



一方で、川崎のほうもシステムがミスマッチしているので、



f:id:pal-9999:20130410000945j:plain



ここのエリアのシャドーを誰がみるのかってのが問題になります。SBが、ここのシャドーをみると、WBがSBの明けたスペースに走りこんできますし、ボランチがシャドーを見る形にすると、中央のエリアでの数的不利問題に陥ります。



実は、この試合で川崎さんの守備に問題があったんはココだったりします。ここから先は、試合展開の話でやるので、そこまでネタバレは待ってくださいな。



えっと、試合前、






と、twitterのほうで、プレビュー変わりに呟いた事なんですけど、実は、この試合、僕、勝てると思ってたんですよ。理由は川崎の守備に問題があったからで、川崎の試合チェックして「ああ、これなら点はとれるな」と思ったからなんです。もっとも、試合が大雨と大風のせいでピッチ滅茶苦茶になってたんで、どっちのチームも攻撃グダグダになり、流れの中からは点とれそうにないピッチ状態になってしまったんですが・・・・




で、本題ですが、どこに川崎の守備の問題があるのかという話。


こっからが今回の話の本題になるのですが、川崎ってチーム、攻撃はともかく、守備は明らかに問題を抱えています。ここまで、5試合で11失点しており、これは清水に次いで悪い数字です。この失点ペースが続くと、まず間違いなく降格争いです。清水さんと川崎さんについては、まず守備をなんとかしないと、降格争いからは抜け出せないってのが正直な所です。



さて、前振りが長くなりましたけど、川崎フロンターレってチームの守備のどこに問題があるかというと、湘南対川崎の試合のキャプでやりますが、前半2分の時点で、「うわ、ひでえ守備・・・」と思ったのがあったんで、そこのキャプでやりますけど、



f:id:pal-9999:20130410005805j:plainf:id:pal-9999:20130410005815j:plainf:id:pal-9999:20130410005825j:plainf:id:pal-9999:20130410005833j:plainf:id:pal-9999:20130410005840j:plain



ここ、こういう流れでした。これ、見てて「うわあ、酷い守備・・・」と悶絶したんですけど、前と後ろが全然連動してないから、これじゃ、湘南にボール運んで下さいって言ってるようなもので、これね、強いチームだったら、ここでシュートまで行きますよマジで。



あのですね、この試合で、川崎の守備みてて思った事なんですけど、プレスのかけ方が問題でして、なんで問題かというと試合みてると、レナトと大久保を湘南のCBにぶつけてきて、シャドーをボランチが見る形だったんです、川崎さん。



これ、どう考えても危険なやり方で、なんで、これが危険かってーと、これ、図でやりますけど、



f:id:pal-9999:20130410010502j:plain



ここの赤で囲った場所が問題になるんですけど、ケンゴが一人で湘南のボランチ二人を見る事になります。ケンゴがどう頑張っても、二人をマークすることは出来ないので、湘南のボランチのうち、一人は確実にフリーになる計算です。つまり、湘南はボランチ経由でビルドアップし放題って事になる。


川崎は、こうならない為には、FWがCBにプレスかけたらライン上げるしかないんですけど、このシーンだと、それが出来てないんです。ほとんど自殺行為といっていい守備方法で、何でこんな守備やってるのか、よくわからないって状態でした。



でね、前からいけないなら後ろでブロック作って守備すればいいだけじゃんって話になるんですけど、ブロック作っての守備でも、やっぱり問題があるんです。これ、前半4分の時の湘南の遅攻のシーンのキャプでやりますけど、



f:id:pal-9999:20130410012606j:plainf:id:pal-9999:20130410012607j:plainf:id:pal-9999:20130410012608j:plainf:id:pal-9999:20130410012609j:plainf:id:pal-9999:20130410012610j:plainf:id:pal-9999:20130410012611j:plain



こーなりました。ここもね、湘南に簡単にパス回しされてまして、これだけ簡単にビルドアップさせてくれるチーム、そうそうありませんぜ。



あのですね、試合前に、川崎サポの人から「風間さんはスカウティングしないみたいだよ」って言われてたんですけど、試合見て、納得したというか・・・。



これね、川崎さん、引いての守備でも、明らかに問題があります。問題は3つで、



1、ボランチに湘南のシャドーを見させているので、シャドーの動きにボランチが支配されてしまう。シャドーのプル&アウェイや、シャドーがサイドに流れる動きでバイタルがスカスカになる。


2、湘南のWBをSBに見させるのは無理がありすぎる。シャドーとWBの連携で簡単にサイドで数的有利を作られるか、バイタルにスペース作られるか、湘南のボランチがフリーでプレーできる原因になる。


3、レナトと大久保を湘南のCBにぶつけると、中央で湘南に数的有利を与えてしまう事になる。また、レナトは湘南のWBを追いかけてこない。



の三つです。前半4分のシーンだと、大久保が前に出てベルマーレのボランチを追っかけた事で湘南のWBがフリーになる原因ができてますし、梶川の引く動きで川崎のボランチが簡単に動かされて、バイタルスカスカって現象が起きてます。そこに梶川に走り込まれており、あそこでパスが出てたらかなりヤバイ状況でした。



これね、もひとつキャプでやっときますけど、前半16分でも同じような形を湘南に作られていて、





f:id:pal-9999:20130410012612j:plainf:id:pal-9999:20130410012613j:plainf:id:pal-9999:20130410012614j:plainf:id:pal-9999:20130410012615j:plainf:id:pal-9999:20130410012616j:plainf:id:pal-9999:20130410012617j:plain


こーいう流れだったんですけどね。ココ、川崎のプレスが連動してないんですよ。だから、簡単に湘南にプレス突破されてボール運ばれてるし、レナトが湘南のWBについていかず、しかもバイタル埋めるそぶりも見せない。レナトは守備で何してんだって話で、スタで見ていて「うわあ、酷い守備してるな・・・」と思いました。まあ、この後は湘南がミスしてくれたんでシュート打たれることはありませんでしたけど、同じ形で二回もやられるってのは問題があります。



あとね、川崎のボランチが湘南のシャドーを捕まえるってことで、どういう事になるかってのが、これも前半17分のシーンであるんです。このシーンの場合、矢島とケンゴは湘南のボランチを捕まえている形になってるんですけど、その場合、湘南はCBがフリーでボールを供給できます。だったら話は簡単で、



f:id:pal-9999:20130410042713j:plainf:id:pal-9999:20130410042719j:plain



こーいう流れになるよね、という。川崎のボランチがシャドーを見るって事は、湘南はシャドーの動きで川崎のボランチを動かせるって事だから、シャドーがサイドに流れる動きをいれれば川崎のボランチはポジション動かすので、CFにボランチの間を通す縦パス入られてしまいます。



この試合、湘南は結構、遅攻でも攻撃出来てたんですけど、これは湘南の攻撃がいいというより、川崎の守備のやり方が不味かったってのが理由でして、川崎の守備のやり方、無理があります。


もっとも、この日は湘南は流れの中からは点取れなかったんですけど、この試合の川崎さんの守備見る限り、守備が安定してないのは当然かな、と。



簡単に川崎の守備の問題を指摘すると、


1、FWのプレスに後ろが連動してない。これでは高い位置からのプレスは無理。やらないほうがマシなレベル。


2、SH、特にレナトの守備が酷い。中央のカバーをほとんどしないし、WBのマークも適当。


3、引いて守る際、守備において誰が誰を見るのかの整理がきちんと出来ていない。特に2列目の3人の守備の分担が問題。


4、前4人の攻から守への切り替えの部分が遅い。後ろの6人は早いが、前4人の切り替えはかなり遅いので後ろ6枚でカウンターの対処をせざるを得ない。SBが上がっていると酷いことになる。



って所になります。この試合見てて思いましたが、守備は今まで対戦したチームの中で一番酷いです。川崎サポさんには申し訳ありませんが、この守備はJ1じゃ自殺行為です。大雨と強風、湘南が前3人が初の組み合わせってのがあって、湘南は点取れませんでしたけど、この守備だと、強いチーム相手は無理だと思います。


もっとも、湘南舐めていただけの可能性もありますけど、昇格3チーム全部に先制されているのは、これ無理もないかな、と。


で、次に川崎さんの攻撃の話になるんですけど、こっちは全然良いです。


さて、守備面では糞味噌に言ってしまいましたが、川崎さん、攻撃のほうは全然オッケーです。ぶっちゃけ、攻撃に関しては、あの悪天候でも16本シュート打ってて、全然問題ないと思います。



ってかね、これまでの試合で、川崎さん、リーグ戦平均で一試合17本シュート打ってる訳で攻撃面はホントに問題ないと思う訳です。風間さんになってから、川崎さんはポゼッションサッカーに挑戦してますけど、この日もポゼッションは上手かったです。雨に濡れながらの観戦でしたけど、「上手いもんだなー」と感心した位です。攻撃に関しては、GKとの一対一外しちゃったのが痛かったですかね。



今回は、湘南相手だった訳ですけど、攻撃に関しては湘南がやられたら嫌なことをきっちりやっていて、これ、どういう事かというと、図でやりますけど



f:id:pal-9999:20130410045712j:plain



まず、湘南を自陣内まで押し込み、湘南の守備ブロックを541の形にする。その上で、中央のエリアでの数的有利を使うって形です。ケンゴはフリーロールみたいな形で、最終ラインまで降りてくることもあるし、サイドに流れることもあります。湘南はこれが本当に嫌で、スタで見ていて、「ケンゴはポジショニングも上手いねぇ・・・」などと感心しながら見ておりました。



なんで、ケンゴのポジショニングが嫌らしいかってーと、ボランチがケンゴをマンマーク気味で潰そうとすると、ケンゴはサイドに流れたり、引く動きで湘南のボランチを動かしてくるんですよ。で、空いたスペースを大久保やレナト、川崎のボランチに使わせるって事をしてくる。一方で、ボランチがついてこないなら、SBとCBの間のギャップやボランチとシャドーの間のギャップでボールを受けるポジショニングをしてくる。テクも抜群ですけど、ケンゴは頭がいい選手なんです。



じゃあって事で、湘南のほうは中央で数的有利を作られたくないし、ケンゴもフリーにしたくないので



f:id:pal-9999:20130410000418j:plain



こんな感じでシャドーに中央の守備を手伝わせ、CFの武富もプレスバックに動員してました。まあ、これだけやっても時々崩されそうになってたんで、スタで見てて、ポゼッションは上手いなあと。この日はショートパスには不向きだったのと、湘南のほうが全員守備で頑張っていたので点取れたのは後半40分でしたけど、攻撃面、特にポゼッションに関しては、非常にいいチームに仕上がってると思いますマジで。



ちと、今回はキャプでやる元気がないので、川崎さんの攻撃までは手が回らないんですけど、湘南のバイタルにスペース作るって所まではきちんと出来ているんです。そこからがちょっと残念になってるんですけどね。ただ、これまでリーグ戦5試合、全試合で先制されているので、それが試合を難しくさせている原因になっているというのが僕の感想です。



この試合も何度も湘南を自陣内に押し込んで攻める時間帯が何度もあって、ポゼッション自体は問題ないし、シュートも沢山打ってるわけです。チームとしての問題は攻撃じゃないと思いますホントに。


で、まとめに入りますが・・・・

さて、最後になります。この試合に関してですが、湘南が後半39分にセットプレーで点取ってから、1分後に湘南がミスから失点という身も蓋もない幕切れになりました。



今回は試合内容というより、川崎さんの守備の話ばっかになっちゃってすいませんが、正直言って、川崎さんは攻撃面では問題ないんですけど、守備のほうで相当問題があるって事だけ言いたかっただけなんです。リーグ戦で昇格3チームに全部先制され、鳥栖に5失点、柏に3失点してるわけで、守備何とかしないと正直やばそうだ、と。



繰り返しになりますけど、攻撃は良いんです。攻撃は。問題なのは守備のほうで、この守備続けると、延々先制され続けてしまい、試合を難しくし続ける事になるってのが僕の感想です。先制されると相手は引いて無理にボール取りにこなくなりますから、点取るのはすっごく難しくなります。湘南戦以外、全部前半で先制されているので、これだと勝つのは難しいです。



えっと、川崎の風間さんですが、2年目ですし、結果が求められるシーズンです。攻撃面ではいいんですが、守備の修正がどこまで出来るかで、今後が決まりそうな気配です。今日はそんな感じでまとめておきたいと思います。風間さんのサッカーについては、攻撃面では良いと思いますが、守備面のほうは、ちょっとアレかなあと。そんだけです。



ではでは。